越前市のコウノトリが見れる場所は?コウノトリPR館は何があるの?

越前市のコウノトリ

越前市では、2年連続コウノトリのひなが誕生しました。

2020年4月には、4匹のひなが生まれました。

「コウノトリはどこで見れるでしょう?」

越前市のコウノトリが見れる場所をチェックしてみました。

コウノトリ

越前市の白山地区は、米やスイカといった農作物が有名ですが「コウノトリ」も有名です。

日本では激減・絶滅の危機に瀕している「コウノトリ」が飛来する場所です。

コウノトリは国の特別天然記念物。絶滅危惧IA類

福井県では、広範囲で見かけられているコウノトリ。

もっともよく見られるのが、越前市の白山地区です。

コウノトリ

コウノトリの全身の羽色は白く、羽の後方は黒いです。足は赤色。

翼を広げると2mにもなる大きさがあるコウノトリ。

今回、初めてコウノトリを見ましたが、デカイです。

よく田んぼで見かけるしらさぎとはサイズが違いました。

羽の黒い部分がポイントでかっこいいです。

2020年の越前市のコウノトリ

2020年越前市の白山地区でコウノトリのひなが誕生。

コウノトリの親。

  • オス:「たからくん」2016年越前市生まれ
  • メス:「みやび」2016年兵庫県豊岡市生まれ

4羽のひなが誕生しました。
 
コウノトリの繁殖時期は2月から7月頃です。
 
現在、白山地区では子育て中のコウノトリを見ることができ、ユーチューブでのライブ配信も行われています。

「コウノトリを実際に見たい場合はどうすればいいのでしょう?」

ここでは、コウノトリを見れる場所と注意点を紹介していきます。

コウノトリPR館

コウノトリPR館

コウノトリを見たい場合は、白山地区の「コウノトリPR館」へ行くのがいいです。

場所は、武生第五中学校の前です。

コウノトリPR館では、コウノトリの生態を知ることができ、白山地区でのコウノトリの飼育、歴史も学べます。

パネルを使った紹介や成鳥の剥製(コウノトリ・えっちゃん)もあります。

それだけでなく、ひなの剥製もあります。

ひなの剥製
コウノトリPR館
開館時間 9:00-17:00
休館日 月曜日

まず最初に、コウノトリPR館に行くといいです。

コウノトリPR館に駐車場があります。

コウノトリPR館駐車場

コウノトリPR館の前の駐車場に車をとめて、歩いてコウノトリの飼育ゲージ周辺を見学します。

コウノトリPR館には、見学マップなどもあるので、コウノトリが見れるエリアを確認するといいです。

コウノトリの見学方法

コウノトリの見学

コウノトリの見学は、徒歩になります。

周辺道路は、車両進入禁止、駐車禁止、道幅も狭いため、歩きになります。

白山小学校の脇には、「こうちゃん」の像があります。

「こうちゃん」の像

双眼鏡とベンチもあります。

横の道路は関係者以外立ち入り禁止になっています。

関係者以外立ち入り禁止

ここからは、コウノトリ幼鳥ゲージが見れます。

北側の方へ行くと、「ふっくん」と「さっちゃん」のゲージがあります。

周辺は立ち入り禁止部分があります。

進入禁止

車両進入禁止で、徒歩での見学が可能なポイントがあります。

周辺には、水田待避所や水田魚道があります。

水田魚道

観察用双眼鏡があります。

今回、屋外のコウノトリを見ることができました。

コウノトリ

そのあと、どこかへ飛び立っていってしまったので、見れたのは少しの時間でした。

注意点

コウノトリに注意

周辺道路を走行の際にはコウノトリに注意してください。

コウノトリの飛び出しに注意

コウノトリとは、150m以上の距離を取り、追いかけたり、故意に大きな音を立てないようにしてください。

写真撮影はストロボ禁止です。

立ち入り禁止エリアがありますので、立ち入らないでください。

駐停車禁止エリア

一般車両進入禁止エリア、駐停車禁止エリアもあります。

関係者以外立ち入り禁止

もちろん餌やりは禁止です。

マナーを守ってコウノトリを観察して見てください。

双眼鏡

観察用双眼鏡がありますが、1つしかないので、双眼鏡を持っていった方がいいです。

距離があるので、肉眼では雰囲気ぐらいしか分かりません。

コウノトリを驚かせないようにして、観察を楽しんでください。

コウノトリPR館のアクセス

コウノトリPR館
住所 福井県越前市都辺町36−84
開館時間 9:00-17:00
休館日 月曜日

越前市の観光名所はこちら

越前市三大グルメ

【越前市の歩き方】武生の観光名所7選+グルメ2選

2018.06.14

今回は、「コウノトリの見学ポイント」へ行ってみました。
コウノトリ観察やお出かけ時の参考になればと思います。

スポンサード リンク