福井で有名なホタルのスポットはどこ?蛍の見れる場所。

福井のホタルのスポット

福井の蛍のシーズンはいつ?どの時期がいいのだろう?

福井で蛍を見るのに最適な時期と、福井で有名な蛍の生息地を紹介します。

  • 福井のホタルはいつ頃みられるの?
  • 有名なホタルのスポットはどこなの?
  • おすすめのスポットはどこ?

今回は、福井でホタルが見られる人気スポットを調べてみました。

タップできる目次

ホタルはいつ頃みれるの?

ホタルの撮影

福井では、ホタルの成虫が5月末から6月上旬になると川面を舞います。

福井でホタルを観察したい場合は、5月末ごろから見ることができます。

ホタルが飛ぶかどうかは、天候や風の状況に左右されます。

晴れや曇りの日で、暖かい風のない日には多くのホタルが飛びます。

一方、雨の日や風のある日にはホタルはほとんど飛ばないので、気象条件が重要!

雨や風のある日にはホタルは飛びませんので、注意が必要です。
エリアにもよりますが、ホタル鑑賞は6月から6月中旬がベストな時期。

ただし、年によって気温や天候の影響で、ホタルの飛ぶ時期は多少前後することがあります。

ホタルを見る時間帯は?

朝倉氏遺跡のホタル

ホタルを見る時は、時間帯も重要です。

蛍を一番見れる時間帯は、20時 ~ 21時30分頃

夜遅いと少なくなり、ホタルが飛ぶのは時間による周期があるようです。

風のない晴れた日に観察すると、より多くのホタルを見ることができるかもしれません。

地域によって異なりますが、一般的にホタル鑑賞のベストな時期は6月から6月中旬です。

河和田のホタル動画も参考にしてください。

ホタル鑑賞の注意点

ホタル

ホタルの寿命は通常1週間から2週間ほどしかありませんので、ホタルを持ち帰ることはおすすめしません。

持ち帰ってもホタルはすぐに死んでしまいますので、自然の中で観察することを楽しみましょう。

ホタルの寿命は、約1週間前後と短いため、見れる時期が限られます。

福井では通常、蛍のシーズンは5月末から6月中旬にかけてです。

最初はゲンジボタルが見られますが、ゲンジボタルの活動が終わるとヘイケボタルが主役になります。

また、限られた場所では7月頃にはキンボタル(ヒメボタル)の観賞も可能です。

2024年のホタルの出現状況は?

2024年のホタルは、まだ見られていませんが、例年と同じように5月末ごろから見られそうです。

ホタルの見られるタイミングは、その年の降雪状況や気象条件によっても変わります。

また、場所によっても見られるタイミングが異なります。

以下に記載している過去のホタル出現状況(2023年-2018年)も参考にしてください。

2023年のホタルの出現状況

2023年も5月の末頃からほたるが見られています。

5月末、6月上旬は、天候が悪い日が多い予報ですが、天気がいい日になるとホタルの鑑賞ができそうです。
 
大野のほたるの里丁(ようろ) ほたる鑑賞会 6月9日(金)10日(土)

見ごろは場所によっても変わりますが、6月7日頃です。

2022年のホタルの出現状況

2022年も通常通り、例年同様に5月25日頃にホタルを観察することができました。

ホタルの出現は気象条件に左右されますが、5月下旬には、ホタルスポットに行ってみると観察できる可能性があります。

2022年の観察のピークは6月9日から12日頃でした。

これは、あくまで目安であり、実際の観察時期は天候や他の要因によって変動することがあります。

2021年のホタルの出現状況
河田のホタル

2021年のホタル観察情報をまとめると以下のようになります。

【2021年のホタル観察情報】

5月25日: 川沿いで初めてホタルを5匹ほど観察しました。

5月28日: 川沿いでホタルが光っているのを観察しました。数が少しずつ増えてきています。

6月1日: 越前市の川で約30匹のホタルが飛んでいました。昨年と同様のタイミングです。

6月5日: 一乗谷あさくら水の駅では1匹ほど観察されました。朝倉氏遺跡の復元街並み北側の山際では多くのホタルが飛んでいました。
また、河和田小学校周辺の川沿いでもホタルを観察できました。多くの人々が訪れ、見頃となっていました。

6月9日: ホタルの発生がピークに達しており、ホタルスポットを訪れると観察できました。

2021年にホタルを見れたのは、5月25日〜6月14日頃です。

※ ホタルの見れる時期は、場所によって異なり、ホタルの種類によっても変わります。

2020年は6月11日に梅雨入りしました。ホタルは、梅雨入り前までが見頃です。

2020年のホタルの出現状況

2020年は暖冬で気温が高かったため、例年よりも早い時期にホタルが現れました。

5月26日には川沿いで5〜10匹のホタルを見かけ、5月27日と5月29日には鯖江の河田でも数匹のホタルを観察しましたが、まだ少し早い印象でした。

6月1日に福井のホタルスポットを訪れましたが、数は少なめでした。

夜の気温が低く、ホタルが飛び出すのは6月の第1週目の週末以降になる予想。
 
6月6日の満月の日には、一乗谷のあさくら水の駅ビオトープや朝倉氏遺跡周辺でホタルを観察できました。河田小学校付近は30匹ほど。

ただし、満月で空が明るくなっていたため、ホタルは見えにくかったです。

ホタル鑑賞の時刻は20時頃でも薄明るいため、21時ごろがおすすめです。

2020年は6月11日に梅雨入りし、その後の大雨や河川の状態の変化により、ホタルの数は減少していました。

大きな川ではホタルが急速に減り、ホタルのピークも過ぎ、ホタルの観察が難しくなっていました。

2020年6月20日には小さな川で数匹のホタルを見かけましたが、減少傾向にあるようでした。

2020年は6月11日に梅雨入りしました。

ホタルの生息状況は年によって異なるため、現地の状況や気象条件によって観察できるホタルの数も変動します。

ホタルを観察する際は、最新の情報を確認しながら訪れることがおすすめです。

2020年のホタルの出現状況

2019年のホタルシーズンは5月28日から6月20日までの期間でした。

5月29日にはシーズン初のホタルを見ることができ、6月1日頃からホタルシーズンが本格的にスタートしました。
 
■2019年6月1日(土曜日)

6月に入り、ホタルが飛び始め、数はまだ少なめですがホタルシーズンがスタート。

ホタルの数が少ないので、もう少しあとがよさそうです。

 
■2019年6月2日(日曜日)

・一乗谷あさくら水の駅:4匹ほどのホタルを確認
・朝倉氏遺跡周辺:20~30匹
・鯖江市河田町:30匹オーバー

2019年は、ホタルの出現がやや早いような気がします。
 
昼は暑くても、夜は寒いので、ホタル観賞は暖かい格好で行った方がいいです。

 
■2019年6月3日(月曜日)

夜はやや風があり、ホタルはあまり飛びませんでしたが、風の影響を受けにくい場所はホタルの飛行をみれました。

ホタルは、気象条件に左右されるので、乱舞をみれたらラッキーです。
 

■2019年6月4日(火曜日)

越前市の川沿いを散策しましたが、風がありホタルの飛行は見られず、数も少なめでまばらでした。

一度、雨が降ると、ホタルは増えそうな感じはしますが、晴天が続き、湿度も低いせいかホタルは少なめでした。
 

■2019年6月5日(水曜日)

20:30頃に河田小学校近くへ行きました。草むらに光はありますが、それほど多くはありませんでした。

飛んでいるホタルは少なかったです。

 
■2019年6月6日(木曜日)

・一乗谷あさくら水の駅:3匹ほど
・朝倉氏遺跡周辺:30匹~
・鯖江市河田町:30匹オーバーで数えられません。

朝倉氏遺跡周辺は、星がキレイで星とホタルを撮ろうかと思いましたが、撮影のタイミングではホタルは飛びませんでした。

河田での画像はこちら

河田のホタル

河田はホタルとの距離も近く、数も多かったです。

今シーズンで一番多かったです。

ただ、明日から天気が崩れるので、ホタルの飛行は見られないかもしれません。

大野の方はこれからは良くなりそうですが、天候次第です。

 
■2019年6月8日(土曜日)

土曜の夜ということで、ホタル観賞スポットには人が多めです。
 
雨が降っていないので、時々ホタルが飛びまわりますが、草むらにいるホタルが多いです。

この時期なら、ホタルスポットに行けばホタルは見れます。

 
■2019年6月11日(火曜日)

時々、雨が降りホタルは数匹しか飛んでいませんが、草むらで光る蛍が見れます。

ホタルの寿命を1週間とすると、これからは見れるホタルが減少傾向になるかもしれません。

 
■2019年6月12日(木曜日)

ホタルスポットに行けばホタルを見ることが可能です。週末が最後の見頃になりそうです。

 
■2019年6月19日(水曜日)

2019年のホタルはかなり減ってしまいました。
 
ホタルスポットの川沿いにはホタルが数匹見られましたが、先週よりは

2018年のホタルの出現状況

2018年は、ホタルの観賞場所によりますが、6月の2週目がピークでした。

6月16日でもホタルが飛んでいて、その週末がラストチャンスで、7月に入りほとんどホタルを見かけなくなりました。
 
ホタルは、2018年5月30日からみられましたが、天候や気象条件に左右されます。

2018年のホタルは、2019年と同じような感じで、5月末~6月中頃でピークは6月9日あたりでした。

福井で有名なホタルのスポットは?

福井県にはホタルの見所としていくつかの場所があります。

ホタルの飛ぶ時期は地域や気温、年によっても異なるため注意が必要。

洪水などで河川の流れが変わると、ホタルが出現しなくなったり、見ることができる場所が変わることもあります。

ここでは、比較的安定して見れる場所を掲載していますが、観察時期、天候や他の要因によって変動することがあります。

具体的なホタルの名所や観察スポットについては、現地の情報や観光案内所などで最新の情報を入手することをおすすめします。

福井市の一乗谷のホタル

超がつくほど有名なのは、福井市の一乗谷のホタル

一乗谷朝倉氏遺跡で有名な一乗谷は、ゲンジボタルの生息地として有名です。

一乗谷あさくら水の駅のビオトープで見ることもできます。
 
道の駅ではなく、朝倉氏遺跡の近くもホタルが多いです。

ただ近年、朝倉氏遺跡周辺は、河川工事が行なわれて、ホタルの出る位置も毎年変化しています。
(一乗谷朝倉氏遺跡復原町並の南側の少し上流あたりがよさそうです。)

おおい町のホタルの里公園

福井県大飯郡おおい町(嶺南エリア)
舞鶴若狭道小浜ICから約30分

毎年ホタル祭り/イベントが行われます。

無数のゲンジボタルが乱舞し、幻想的な景色を鑑賞できる場所で、かなり有名なスポットです。

シーズンは混み合う可能性があります。

大野のほたるの里 丁(ようろ)

ほたるの里 丁

大野のほたるの里 丁は人気の蛍スポットで、鑑賞会も行われます。

場所:福井県大野市上丁

2024年度 ほたる鑑賞会の予定
開催日時:2024年6月7日(金)、8日(土)
時間:20:00-21:00
会場:上丁生活改善センター
 
福井市内からだと距離がありますが、ホタルの乱舞を見ることができるスポットです。

有名なホタルスポットなのでシーズン中に行けば、かなりの確率でたくさんのホタルを見れます。

その他のホタルスポット

ホタル

超有名なホタルのスポットはこのような所ですが、福井県内では、いたるところでホタルがみられます。

福井県内のホタルスポットを調べてみると、このような場所が出てきました。

福井県池田町
永平寺町松岡吉野 (ホタルの里ファーム)
鯖江市河和田地区(河和田川)
越前市白山地区
勝山市の女神川
福井市の未更毛川流域 (安居公民館 福井市本堂町)

ホタルのいる場所を探しだすとキリがなく、数多くのホタルでなければ、川のある山際に行けば見れることが多いです。

これは、自然が豊かな福井の特徴の一つです。
 

ゲンジボタルが終わると、ヘイケボタルが中心になります。

ゲンジボタルは発光が強く大きいです。ヘイケボタルの発光量は弱く、小さめです。

P.S
池田町では、ホタルを遅い期間まで見れそうです。

また、池田では、7月にはキンボタル(ヒメボタル)が観賞でき、観賞会なども行われます。

※ヒメボタルは、水辺ではなく森林内に生息するホタルです。限られた場所でしか見れないので、ホタル観賞会に参加するのがいいです。

ヒメボタルは、大野市が有名ですが見れる場所は限られています。

ヒメボタルは、年々減少傾向にあり、保護の観点から、基本的に見れる場所は、公開されていません。

ヒメボタルは、山の中の限られたエリアに生息しています。
通常のホタルのように水辺にはいないので注意してください。

スマホでのホタルの撮影

ホタルを撮影

ホタルの撮影は、スマートフォンでは難しいとされています。

ホタルの光源が小さく暗いため、スマートフォンのカメラだけではキレイに撮影することが難しいです。
(フラッシュを使用することは避けてください)

一部のアプリを使用してシャッタースピードを遅くしたり、夜景モードを使用したりすることも試みましたが、完璧な写真を撮ることはできませんでした。

動くホタルに対して、スマートフォンの固定が難しいため、シャッタースピードを遅くしてもブレが生じてしまいます。

スマートフォンで撮影した写真を加工したり合成したりすることで、よりキレイに見せることができるかもしれません。

基本的にはスマートフォンでは一眼レフのようにホタルを撮影することは難しいです。

一つの方法としては、スマートフォンの動画で撮影することです。

光源の強めのホタルに照準を合わせると、なんとか捉えることができるかもしれません。

また、動画をキャプチャーすることも有効な方法です。

一眼レフカメラでの撮影テクニック:シャッタースピードを落とし、三脚を駆使して安定した撮影を心がけましょう。

マニュアルモードを活用することで、より精密な設定で理想の一枚を追求できます。

ホタルの撮影は状況によって写り方も異なるため、ホタルの量や飛んでいる状況などを考慮しながら撮影することが重要です。

まとめ

ホタル 6/3

今回は、有名なホタルスポットを紹介しましたが、福井県内のいろいろな場所でホタルを見ることが出来ます。

見る場所にもよりますが、福井のホタル鑑賞の時期は5月下旬から6月中旬です。

※天候や気温に左右されるため、具体的なホタルの名所や観察スポットについては、現地の情報や観光案内所などで最新の情報を入手することをおすすめします。
 
20時から21時30分頃が蛍を一番見ることができる時間帯とされています。

ホタルを見るための条件として、風のない暖かい日で湿度が高く、月明かりがなく曇っている日が好ましいです。

<ホタルが見れる条件のいい日>
・風がなくて、湿度の高い暖かい日
・月明かりがなく、曇っている日

雨の日はホタルが飛びませんので、注意が必要です。

ホタルの大乱舞を見るにはタイミングが重要なので、運が良ければ見ることが出来るかもしれません。
風がなくて天気の良い日に鑑賞すると、多くのホタルを見ることができる可能性が高めです。

蛍の穏やかな光に癒されてみてはいかがでしょうか?

福井県内でのホタル鑑賞を楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次