福井で有名なホタルのスポットはどこ?蛍の見れる場所。

<福井しらべ>

福井で有名なホタルのスポットはどこ?

2018年5月30日に
家の前を1匹のホタルが通り過ぎていきました。
 

「さて、2018年のホタルはどうなのでしょう?」

2018年もホタル情報をこちらのページで更新します。

例年、
福井での蛍シーズンは、5月末~6月中頃です。
 
2018年のホタル情報、
2018年6月現在の情報です。

一乗谷あさくら水の駅

2018年6月1日 あさくら水の駅
ホタル

2018年6月1日 一乗谷あさくら水の駅では、
10匹ほどのホタルを確認しました。

来週(6月6日~)あたりがよさそうです。
 

<2018年6月1日 天気:晴れ>
河和田の方でも10匹ほどのホタルを確認しました。
 

1週目の週末は、
まだ少し早いかも知れませんが、
ホタルを見ることは出来ます。

 

<2018年6月4日 天気:晴れ>

ホタルの撮影

先週より確実にホタルは増えています。
見ごろが近いです。

2週目の週末あたりがいいかもしれません。
後は天候次第です。

 

<2018年6月5日 天気:くもり/雨>

夕方から、小雨が降る地域がありました。

また、雨により気温の低下もあり、
飛んでいるホタルは少なかったです。

草むらなどで、光っているホタルは見れますが、
乱舞を見ることはできません。

雨の日は、ホタルの観察は厳しいです。
 ※雨のため、撮影画像はありません。

河田地区で30匹ほど確認。
 

<2018年6月6日 天気:くもり/雨>

天気は曇り時々雨。

20時頃は雨は降っていませんでした。
ホタルは、ちらほら飛び交う程度でした。

ホタルを撮影

ホタルは、
晴れで風がなくて、暖かい日に飛びます。

週末6/9.10あたりがよさそうです。天候次第ですが・・・

 
<2018年6月7日 天気:晴れ>

天気は曇り時々雨。
21時頃、ホタルは100匹ほどいました。

風が出てきて、飛ぶ量は少なめでしたが、
ホタルの数はいるので、飛びだせば幻想的な光景を見れるかも知れません。
 
河和田では、
カメラで撮影をしている方も多かったです。

 
河和田のホタルは、6/9(土)がベスト。
場所は、河田小学校付近です。

天気予報では、6/9 は雨の予報ですが、
雨、風がなければ、空を舞うホタルが見れるかも知れません。
 

ホタルの大乱舞を見るには、
タイミングが重要なので、運が良ければ見ることが出来るかも。
 
6/8~10はあまり天候も良くなく、
ホタルの乱舞は見れませんでした。

ホタルの数は減っていきそうですが、
このような条件がそろうと見れるかも知れません。

・風がなくて、湿度の高い暖かい日
・月明かりがなく、曇っている日
 

6/16.17あたりが、
今シーズンのホタル観察の最終週になりそうです。

ゲンジボタルはもう終わりで、
ヘイケボタルが中心になりそうです。

ゲンジボタルは発光が強く大きいです。
ヘイケボタルの発光量は弱く、小さめです。

ホタル観察のピークは過ぎて、
減ってきていますが、まだ見れそうです。
 
※6/17以降はグッとホタルの数が減りました。
 観察のシーズン終了が近いです。

 
P.S
池田町では、
ホタルを遅い期間まで見れそうです。

観賞会なども行われます。
 池田では、7月にはキンボタル(ヒメボタル)が観賞できます。

※このヒメボタルは、水辺ではなく森林内に生息するホタルです。
 限られた場所でしか見れないので、ホタル観賞会に参加するのがいいです。

ヒメボタルは、大野市が有名ですが見れる場所は限られています。

ヒメボタルは、年々減少傾向にあり、保護の観点から、
基本的に見れる場所は、公開されていません。

ヒメボタルは、 山の中の限られたエリアに生息しています。
 通常のホタルのように水辺にはいないので注意してください。

 

<蛍を見る時間>

蛍を一番見れる時間帯は、
19時30分 ~ 21時30分頃です。

(夜遅いと少なくなります)

 
ホタルが飛ぶかどうかは、
天候、風により変わります。
 

天気は、晴れまたは、曇りの日。
暖かい風のない日に多く飛びます。

雨の日はホタルは飛びません。

気象条件は重要です。

 
福井での蛍シーズンのピークは、
6月6日~ぐらいになりそうです。

後は、
天候や気象条件次第です。

 

<ホタル鑑賞の注意点>

ホタルの寿命は1~2週間と短いです。
ホタルの持ち帰りはやめましょう。

(持って帰ってもすぐに死んでしまいます)

懐中電灯などの光は苦手なので、
直接あてないようにしてください。
(もちろんフラッシュNG)

夜は、
暗いので足元には十分注意して下さい。

近隣住民の迷惑にならないようにして、
蛍の観賞を楽しんでください。

 

<ホタルの見れる場所>
 
福井県でホタルの見れる、
ホタルの名所を調べてみました。

<一乗谷のホタル>

超がつくほど有名なのは、
福井市の一乗谷のホタル

一乗谷朝倉氏遺跡で有名な一乗谷は、ゲンジボタルの生息地として有名です。

一乗谷あさくら水の駅では、
例年より早くホタルを確認し、2017年は例年より少し早かったです。

2017年6/3(土)一乗谷あさくら水の駅通りましたが、
駐車場は車でいっぱいでした。
 (ビオトープなのでここならホタルを見れると思います)

シーズンは混み合う可能性があります。
 


<ホタルの里公園>

福井県大飯郡おおい町(嶺南エリア)
舞鶴若狭道小浜ICから約30分

ホタル祭り/イベントが行われます(6/16)

無数のゲンジボタルが乱舞し、幻想的な景色を鑑賞できる場所です。
かなり有名なスポットです。

 


<ほたるの里 丁(ようろ)>

福井県大野市上丁
2018年度 ほたる鑑賞会の予定

開催日時:2018年6月9日(土)~17日(日)
会場:上丁生活改善センター

 
福井市内からだと距離がありますが、
ホタルの乱舞を見ることができるスポットです。

 


<その他のスポット>

超有名なスポットはこのような所ですが、
福井県内では、いたるところでホタルがみられます。
 

福井県内のホタルスポットをネット検索してみると、
このような場所が出てきました。
・福井県池田町
・永平寺町松岡吉野 (ホタルの里ファーム)
・鯖江市河和田地区(河和田川)
・越前市白山地区
・勝山市の女神川
・福井市の未更毛川流域 (安居公民館 福井市本堂町)

ホタルのいる場所を探しだすとキリがなく、
数多くのホタルでなければ、川のある山際に行けば見れることが多いです。

これは、
自然が豊かな福井の特徴の一つです。
 

<2018年のホタル情報>

2017年は、ホタルの観賞場所によりますが、
6月2週目がピークでした。

6月16日でもホタルが飛んでいて、
その週末がラストチャンスでした。

7月に入りほとんどホタルを見かけなくなりました。

2017年5月30日~からみられましたが、
天候や気象条件に左右されます。

2018年は、5月末~6月中頃になりそうです。
ピークは6/9あたりです。

 

<ホタルの観察について>

ホタルの成虫は、
6月になると川面を飛び交います。
 

<蛍を見る時間>
蛍を一番見れる時間帯は、
19:30 ~ 21時頃です。

夜遅いと少なくなります。
時間による周期があるようです。
 

天気は、晴れまたは、曇りの日。
暖かい風のない日に多く飛びます。

風のある日や雨の日は基本的に飛びません。

気象条件は重要です。

 

<スマホでのホタルの撮影>

スマホでの撮影は難しいです。
単体を撮ることは可能ですが、かなり近づかないと難しいです。

ホタルの光源は小さくて暗めで動きます。
 (もちろんフラッシュはNG)
 

アプリなどを使用して、
シャッタースピードを遅めにしたり、夜景モードにしましたが、
キレイには撮れませんでした。

シャッタースピードを遅くしても、
スマホの固定ができないので難しいです。
 

がんばって撮ってこんな感じです。
(旧型のアンドロイドスマホで撮りました。)
スマホで撮影したホタル

なんとなく光源をとらえれる程度でした。
 

スマホで撮って、
加工したり、合成したりすれば
キレイに見えるかもしれません。

 
基本的にスマホで、
一眼レフのようにホタルの撮影はできないと考えた方がいいです。
 

苦肉の策でとった方法が、
スマホの動画で撮影する方法。

光源の強めのホタルに照準をあわせると
なんとか捉えられました。

動画をキャプチャーするのもありかもしれません。


 
一眼レフの場合は、
シャッタースピード遅めにしてください。
三脚は必須。

マニュアルモードでの撮影をします。

シャッタースピード30秒
ISO800でこんな感じでした。

ホタル

ホタルの量や飛んでいるかどうかなどの状況により、
写り方も変わります。
 

いかがでしたか?
今回は「福井のホタルスポット」を紹介しました。
蛍の穏やかな光に癒されてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です