福井県越前市にある時水へ登山!湧き水が出る「蓑脇の時水」

<福井しらべ>

味真野地区にある時水へ行ってみた

時水は、
福井県越前市味真野の山中にある間歇冷泉。
(全国的にも珍しい間欠冷泉)

福井県の文化財に指定されています。

蓑脇町(味真野地区)にあるため
「蓑脇の時水」とも呼ばれます。

湧き出る水が谷を流れ下る音が3回聞こえるとお昼になると言われ、
時水は、地元の人は知っている方が多いです。

時水への行き方(登り方)

時水は、標高約600mの大平山の中腹にあり、
ここに行くには山を登る必要があります。

今回は、時水への行き方を紹介。

味真野方面から池田へ向かう途中の道にあります。(魚見坂方面)

道沿いにこのような看板があります。

看板の所を曲がって、山の方へ進んでいきます。

途中に、イノシシなどの獣よけの電線がはられていました。
通行の際は外して、また元に戻します。

外し方はこちらを参考にして下さい

その後、クルマで進んでいきます。

しばらく進むと、登山口があります。

車は5台ほどは止めれるスペースがあり、
クルマを止めて登ることができます。

時水までの登山動画を撮りましたので、
登山の雰囲気を味わってみてください。
(時水までは、ノーカットの映像です)

登山の動画はこちらです↓↓↓

時水の画像

時水からの景色。

時水から流れるきれいな水。

しばらくしたら、水の流れる音が大きくなりました。

時間により、徐々に流量が増え始めるようだが、
その間隔は不明です。

時期や天候により変わるようです。

今回はそこそこのペースで登ったので15分ほどで時水まできましたが、
30分ほど見ておけば時水までたどり着くと思います。

動画を見ていただくと分かりますが、途中で倒木もあり、
けもの道のような感じもあるが、しっかり道になっているので分かりやすく、
軽いハイキング登山を楽しめると思います。

いかがでしたか?
今回は、越前市の「蓑脇の時水」をご紹介しました。
ぜひ機会があれば訪れてみてください。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です