永平寺町のカフェ トリコってどんなお店?メニューや特徴は?

カフェ トリコ

<福井しらべ>

永平寺町で古民家のカフェを見つけました!

cafe トリco(トリコ)

 
永平寺町の「cafe トリco (トリコ)」を知ってますか?
 

福井県の有名な観光地として
取り上げられる場所といえば、「永平寺」があります。

永平寺

その永平寺に近い駅が、
えちぜん鉄道の永平寺口駅

えちぜん鉄道 永平寺口駅

レトロな雰囲気のある駅。
 

その永平寺口駅の近くにあるカフェが、
「cafe トリco」です。
 (トリコ)

 

何気に立ち寄ったのですが、
「cafe トリco」は、普通のカフェとは少し違う、
特徴のあるカフェでした。
 

カフェ トリコは、
古民家を使用し、
タイムスリップしたような空間の広がるお店です。
 
今回は、永平寺町にある、
「cafe トリco」をしらべてみました。
カフェ探しの参考になればと思います。

 

<cafe トリcoのアクセス>

まずは、
cafe トリcoの地図から

cafe トリco

福井県吉田郡永平寺町東古市9−36-2

北陸自動車道福井ICより車で約20分

駐車場あり
 

営業時間:11:00 ~ 19:00
  (Lo 18:30)

定休日:水・木曜日

えちぜん鉄道勝山線の永平寺口駅から、
徒歩3分ほどでいけます。

※以前は、カフェ チョットというお店でした。
 

cafe トリcoはどんなお店

カフェトリコの入り口

カフェ トリコ

のれんのある建物が目印のお店です。

カフェ トリコは、
情緒あふれる古民家cafe。

トリコの店内

このように天井には、
太い柱がいくつかあり、天井も高いです。
 

カフェトリコは、
玄関で靴を脱いで入るタイプのお店。
 (スリッパで上がります。)
 

店内に入ると、
テーブル席や座席席があります。
 

家の中のいろいろな所に、
座席が配置されています。

トリコの座席

床の間の部屋

床の間の部屋

行った時は、
恐竜?の掛け軸がありました。

 
ソファ・チェアの席

トリコのテーブル席

このように、
いろいろな席があるで、
どこに座るか迷います・・・

トリコの座席

こたつの席もありました。

 
また、店内には、
時代を感じれる、囲炉裏もありました。
 

店内はそれほど明るくないので、
落ち着いたゆったりした時間を過ごせます。
 

<メニュー>
 
今日のコーヒー:450円

アイスコーヒー、カプチーノ、ラテなど
いろいろな種類もあります。
 

カフェインをとりたくない方には、
デカフェもありました。
 

紅茶・ココアもあります。
・ビターココア
・ココナッツココア
・ヘーゼルナッツココア

 
飲み物以外にケーキメニュー、
パフェもあります。
 

ランチタイム11〜14時

タコライスランチ 1100円 などいくつかの
ランチメニューがあります。

※記載の価格・営業時間は変更になる場合があります。
 

飲み物だけでなく、スイーツも楽しめますので、
永平寺口での電車の待ち時間に行くものいいです。

 

<まとめ>

今回は永平寺町にある
「cafe トリco」を調べてみました。
 

トリコは、
なんとなく郷愁が感じれる古民家cafe。
 

新しい現代的なカフェもいいですが、
このような伝統的な日本の建築物を楽しむのもアリです。
 

歴史のある永平寺町。

その永平寺町のなんだか落ち着く古民家カフェで、
ゆっくりとした時間をすごしてみるのもいいのではないでしょうか?
 

スローな時間を満喫して、
リフレッシュしてください
 
永平寺の観光はこちら

福井の観光名所!永平寺の行き方は?バス、電車、タクシー?

2017.07.14

永平寺にある道の駅「禅の里」オススメはピクニックコーン大福と足湯

2018.06.28
 
いかがでしたか?
今回は「cafe トリco」をしらべてみました。
カフェ探しの参考になればと思います。

スポンサード リンク

カフェ トリコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です