桐生選手が日本新を出した福井県営陸上競技場は一般も走れるの?

<福井しらべ>

桐生選手が100m日本新を出した福井県営陸上競技場は一般も走れる?

陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)
2017年9月9日に、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が9秒98で優勝。

日本人初の9秒台をマーク。

決勝では追い風1.8メートルの中、
9秒98というタイムで、日本人史上初の金字塔を打ち立てました。

その日本新記録が出た競技場が、
「福井県営陸上競技場」

福井運動公園にある陸上競技場です。

日本陸上競技連盟第1種公認の陸上競技場。
1967年に建設され、1周400m8レーンの全天候型トラックをはじめ、
走り幅跳び、棒高跳び、円盤投げ、砲丸投げなど陸上競技の設備が整っています。

収容人員は17000人
(メインスタンドが7000人、芝スタンドが1万人)

<福井県営陸上競技場への行き方>

「福井県営陸上競技場」
福井県福井市福町3−20

<車で行く場合>
・北陸自動車道 福井ICから約22分
・北陸自動車道 福井北ICから約29分
・福井駅から約14分
駐車場があります。

<バスの場合>
京福バス「運動公園線」 ⇒ 「福新町1丁目」、「運動公園南門」または「福新町5丁目」下車
徒歩5分

福井県営陸上競技場は、平成30年の福井国体、
平成30年10月5日~10月9日の陸上競技会場となっています。

 

<福井県営陸上競技場は、一般でも使用できるの?>

では、桐生が日本人初の9秒台を出した、
福井県営陸上競技場を走ることはできるのでしょうか?

 

今回、福井県営陸上競技場を
一般の人が走れるのかを調べてみました。

その結果ですが、
福井県営陸上競技場を走ることができます。

 

福井県営陸上競技場には、
チケット自販機があります。

チケット販売機のとなりが、
受け付けの窓口となっています。

このようなチケット自販機です。

金額
・一般 1時間110円
・学生 1時間80円

一般と学生で金額が違います。

自販機の下側には、
補助競技場というのもありますが、
こちらは競技場の外にある競技場のことです。
(補助競技場は、ナイターもあるので20:30まで)

 

ということで、
福井県営陸上競技場を一般なら、
1時間110円で使用が可能です。

ただし、注意点があり、
イベントがあったり、貸し切りなどの予定がある日は使用できません。

陸上競技の利用は17時までです。

 

いかがでしたか?
今回は、桐生選手が日本新を出した
福井県営陸上競技場を走れるかどうかを調べました。

興味がある方は訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です