味真野小学校の桜はどうして校庭の真ん中にあるの?

校庭の真ん中に、大きな桜の木があるある小学校。

校庭の桜

これはかなり珍しいです。

そして、樹齢は140年以上の大木です。

 

どうして校庭の真ん中に桜の木があるのでしょう?

 

これを説明するには、少し桜の木の歴史を振り返る必要があります。

 

まず、この場所に昔から桜の木があったわけではありません。

この桜の木は、明治38年(1905年)に当時の小学校の校庭に移植されています。

このころは、もちろん味真野小学校ではなく、清雅小学校という小学校です。

場所も、現在の場所ではなく、清水頭町でした。

 

味真野小学校が開校されたのは、明治42年(1909年)です。

この当時の、小学校が合併してつくられています。

 

そして、現在の場所に桜の木が移植されたのは、

昭和4年(1929年)現在の場所に、味真野小学校が移転されたのに伴い、

桜の木が移植され、現在の位置になっています。

 

ただ、このときは、校庭の真ん中ではなく、校舎の横に桜の木がありました。

当然、大きさも今のような木の大きさでもありません。

 

では、なぜ校庭の真ん中なのでしょう?

 

その理由は、

昭和53年(1978年)に校舎の改装、新校舎竣工があり、

一部校舎の取り壊しがありました。

その結果、校庭の中心に桜の木が残りました。

 

残りましたというよりは、取り残された感がありますが・・・

 

その分、校庭も広いです。

校庭の中央で、大きな桜の木が見守ってくれる。

そんな素敵な環境になりました。

 

たくさんの歴史を知っている桜の木です。

これからも、ずっとずっと長く生き残ってほしいですね♪

 

最後までお読みいただきありがとうございます。